Posted by at

2012年08月28日

インドネシアの皆さんと・・・


去年に引き続き、福大工学部の部門間協定締結校で

インドネシア共和国【イスラーム大学 ジャカルタ校】から

訪問団が来日されました。(教員5、学生6)


















インドネシアから日本へ勉学で来日できるということは、

超スーパーエリートです。

皆さん目がキラキラしていて、堪能な英会話で

国内のスピーチコンテストの入賞者が多く参加されていました。


















前回、ご一緒させてもらった入沢社長は海外出張だったので、

再会を楽しみながら、福大セミナーハウスで楽しい晩餐会となりました。

30日に帰国されます(^_^)/

【ゆみは、いつインドネシアにくるの?待ってます】とのお声も頂き、

人の心の温かさ、純粋さに心底安らぎました。

純粋さはパワーです。

大学が担っている使命と貢献を、間近に見せてもらって、

国際貢献と教育の大切さを痛感しました(*^^)v

こういうご縁を頂き、多くの方に感謝申し上げます。

















  


Posted by 佐藤ゆみ at 00:05Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年07月13日

博多祇園山笠 歴史を継承する男たち

今年も櫛田神社で追い山ながしを観れました。


神社内にいる人々が心を一つにして歌いました。icon65
この整然とした空気が美しいicon97
初めて観た前回は、その圧倒的な熱気と非日常の光景に圧倒されて、あれよあれよという間に終わった感じでしたが、今回は、この祭事に関わる方たちの姿をじっくり観察することができました。


重さ1トンの山を数十人で担ぐという責任重大な任務を、黙々と、淡々と行っている姿に博多の男たちの神髄を見た気がします。


誰もが真剣で、命がけで山を担いでいました。


今年も圧倒的な強さの東流・・・・境内に入ってきた瞬間から覇気が違います!


担ぎ手の肩は皮が剥け血が滲むといいます。それでも、与えられた任務を誠実にこなしていく姿に感動ですicon77


これは重さ2トンもあるそうです。 担い手の顔が重さで歪んでいました。境内は大歓声が起こり、私は、担ぎ手の真摯な姿に、思わず合掌したくなりました。
今年も感動をありがとうございました。
追い山が終わるまで、怪我のないように祈ってます(^_^)/

  


Posted by 佐藤ゆみ at 21:07Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年06月15日

日本人の多くが大富豪になれない理由

日本人の多くが「大富豪」になれない理由

面白い文章を発見しました。そうか~ やはり『心』か・・・・
以下、抜粋から。 

同様に、もうひとつ日本人が勘違いしている概念に「ギブ・アンド・テイク」があります。言葉の通り、「まず、与えよ」。

 それを日本人は「テイク・アンド・ギブ」と勘違いしてしまったようです。




 その証拠に、日本人の中にはお金持ちに対して「金持ちはケチで、カネに汚いから、金持ちになったのだろう」と誤解している人が多いのです。事実はそうではなく、成功者ほど寛大で気さくでおおらかです。

 一方、成功していない人や中途半端な人ほどケチでカネに汚く、いばっています。もちろん、世界のできる男や富める男達は「お金のIQ」が高い、すなわち「お金に対する知識と哲学を持っている」ので、無駄なことにお金を使いません。だから、お金が増えるのです。

まず、人間性と心の豊かさを手に入れる 

では、世界のできる男や富める男達が口をそろえて言う「富」とは何でしょうか?
 彼らは私にこう教えてくれました。
「真の豊かさとはカネではない」
 
ご存知のように、成功していない人は、いつも「カネさえあれば○○○できるのに、カネさえあれば」と、言っています。言い換えれば、自分の現状に不満をもち、その原因をお金のせいにしているのです。自分の失敗に向かい合うことをせず、現実から逃げているといえます。
 
 


一方、世界のできる男や富める男達が「真の豊かさとはカネではない」と断言する理由は、お金の問題はお金で解決できるけれど、その問題の根っこの部分を解決するのは、その人の「人間性と心の豊かさ」だからです。

彼らのモットーは、「最終的に自分の人生は100%自分で責任を持つ」です。


まずは与えるという、豊かな心ありき。ですね(*^^)v



  


Posted by 佐藤ゆみ at 21:22Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年05月25日

サンフランシスコにて part.2


帰国してから娘の体育祭や連日の個別相談で、あっという間に金曜になってました。
ハヤッ(+o+) 今日はサンフランシスコのお話し第2弾です。


カリフォルニア州といえばワインが有名ということで、2か所のワイナリーで昼間から試飲三昧でした。
防腐剤が入っていないワインは全く頭痛がしないので驚き!
ご厚意で日本では流通していないワインも飲ませてもらいましたicon06




現地ガイドさんはサンフランシスコ在住20年だそうです♫
 いいなぁ~face01




これは他のワイナリーです。彼女が持っているワインが現地価格で225USドル 日本ではその5倍はするって(@_@;) 
ワインの価格ってこんなに違うのねって これまたビックリ!


他の日本人の方も、芳醇な赤ワインをしっかりと試飲されていました(*^^)v ケースで購入されている方もたくさんいましたよ。(私はどこでしょう?w)

サンフランシスコは年間降水量がとても少なくて、常に水分補給をしていないと喉がカラカラになります。
気温も年中涼しくて、街中の洋服店では一年中コートが販売されています。
東京と気温は大差ないと思って半袖を多くもって行って大失敗でした(>_<)  
朝晩はとても冷え込みます。寒いって感じですね。 
現地で防寒具を買いましたw 

全米屈指の農産物生産地域ということもあって、新鮮で豊かな食事をたくさん食べれました。


味は、やはり日本と比べると大味かな~ 日本の農産物、特に果物は非常に洗練されていて、甘いですね。
こちらのメロンは固くて、熟れていないメロンなのかな?と勘違いした位 固い(笑) 
このイチゴは、超ビッグサイズで、一個1ドル弱  買い食いしてみました。甘さは控えめ。酸っぱい感じ。
チョコレートディップをつけて食べるらしくて、売り場に一緒に売ってました。
太るわけですよね(笑)

と、いうわけで、今回はワインと食事について ツラツラと書いてみました(^_^)/
なんせ渡米が初めてなので、何を見ても新鮮でした。
こういう気持ちで毎日を暮したらいいんだろうな~って フト思った旅でした。

明日もお気楽にいきましょう♪  


Posted by 佐藤ゆみ at 23:01Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年05月22日

サンフランシスコにて 


サンフランシスコに行ってきました。
自分のこれまでやってきたことを、もっと世に役立てていくために必要な情報を集めたり、現地の人に会って知りたいことを確認したり・・・・とても有意義な旅になりました。


42歳にして初めてのアメリカの土を踏みました!


国旗が青空をバックに とてもカッコよくて印象的でした。icon06
今回、サンフランシスコのことを事前に調べたりせずに、感じるままでいこうと思っていました。
私が得意の、行き当たりばったりってやつですw

私が一番 衝撃を受けたのはカリフォルニア州に住む人の【人の価値観を受け入れる】という文化です。
他の州では違うのかもしれませんが、この州は男性同士の結婚を認めていますから、街中のあちこちで男性同士のカップル?を見ました。

仲良く手をつないでいたり、ハグしたり、時には街中で口げんかしていたり・・・まるで男女のカップルと同じです。
男性同士ですから体格もいいですし、傍目には会社の同僚みたいな感じに見えます(笑) 

高級ブティックのモデル級の男性スタッフのほとんどは、そっち系だと現地ガイドさんに聞いて 理解するのに数秒かかりましたw
試しに、イケメン店員さんに手を振ったり、素敵ですねと言ってみても、全く興味なし!って感じでした。
私だからかもしれませんが(笑) 一応ガイドさんに聞いたら、女性には興味ないのよと笑っていました。

日本で育って、この歳までアメリカを肌で感じてこなかった私としては、現地の人がさらっと受け流す些細なことにもカルチャーショックを受けました。
東京から離れて16年、福岡と東京のことくらいは感じられますけれど、アメリカと日本の差が少しですが分かった気がします。

日本の、故郷の、いま自分が住んでいる地域の価値観にとらわれてはいけないな、と痛感しました。




今回はシリコンバレー近くまでは行ったのですが、なんせ広いので 内陸部の様子を見学する程度で終えました(*^^)v
素晴らしいワイナリーでワインを飲んだりして、食の面でも大いに楽しめました。
この件は次回に書きますね・・・・


明日もお気楽にいきましょう♪
   


Posted by 佐藤ゆみ at 08:00Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年04月09日

世界フィギュア 羽生結弦(ゆずる)選手に想う 


私はそれほどフィギュアに詳しいわけでもないのですが、今回は参りました!
 とんでもない選手を観てしまったという感じです。


 彼は、宮城県出身の高校3年生 若干17歳の羽生結弦(ゆずる)選手です。2012年 フランスのニースで行われた世界フィギュア大会の模様を、たまたまTVで観ていました。

天才とは耳にしていましたが、なにせ17歳ですから、4回転ジャンプは飛べても世界の有名選手のような独特の色気といいますか、円熟味がまだ出ないだろうと、半信半疑でした。
ところが、とんでもなかったです。ご覧になった方も多かったと思いますが、私はユーチューブで再生動画を3時間連続で何度も何度も観て泣いてしまいました。


 
一回動画を再生して観たら寝るつもりだったのに、あまりの感動に気がつけば3時間も観てました。こんな事は久しぶりです。

この大会の数日前、彼は練習中に捻挫して痛み止めを飲んで出場していたそうです。痛み止めを飲むと足の感覚が鈍くなります。それであの演技とジャンプですからね、なんてことやってのけたのだろう?と、ただただ、驚くばかり。
魂がこもった演技でした。
しかも彼は喘息があるようで、どうりで演技終了後、滝のような汗と唇が紫になるほどの体力消耗にもうなずけます。

フランス、イタリア、アメリカ、イギリス、ロシアの中継を解説つきで観ましたが、絶賛、賞賛の嵐でした。

私が泣けたのは、演技の技術もさることながら、彼が被災した経験を持つから、自分が被災した人を勇気づけるのだという固い決意で演技に臨んだ、その心にです。

多くの国の解説者が【ここまですべてを出し切る選手は見たことない】と驚嘆していました。

17歳だから、こんなにすざまじい情熱を持っているのか?
それとも、震災を経験したから そういう心になったのか?

自分の慣れ親しんだリンクも震災で長い間使用できませんでした。そういった逆境を超え、初心者並みだと揶揄された転倒を経て、彼は世界中の人を涙させました。
ニースの演技会場内は総立ちで彼の演技を称えていました。

彼は天才と呼ばれているそうですが、コーチ曰く、努力も天才的だそうです。 
才覚に溺れず、謙虚で一途なその心を、少しでも学ばせてほしいと本気で思いました。



明日もお気楽にいきましょう♪


  


Posted by 佐藤ゆみ at 23:13Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年03月02日

心も肌も美しく・・・清田ママのお料理教室


清田容子ママの自宅でお料理教室がありました。
有機野菜と愛情たっぷり、美肌になるレシピがいっぱい。


美意識の高い女性たちが大勢集まりました。
30代後半~40代の女性が多かったのですけど、みんな 肌がキレイicon06
清田ママのレシピ説明を聞いて『私もこれ、作ろうっと』
『かぼちゃは苦手でしたが、清田さんの煮たかぼちゃは美味しく食べれます!』など、心がほっくりする会話に、私も日頃の慌ただしさを忘れてゆっくり過ごせました。

食事は体の栄養だけでなく心にも大きな影響を与えるのですね(^_^)/

美味しい・・・と心に沁みる瞬間を、人生でどれだけ感じていけるかな?

人の心の温かさ、思いやり、心遣いに触れたとき、胸にジンとくる思いがあります。

心のこもったお料理ですら人の心に届くのですから、言葉や眼差しは もっと強烈に相手の心に届くメッセージでになるでしょうね。
自分の心の在り方を見つめる毎日を送ろうと思います。



参加者のみなさん、楽しい時間をありがとうございましたicon110

明日もお気楽にいきましょ♫ 




  


Posted by 佐藤ゆみ at 21:34Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年02月17日

ゲイツはジョブスより好評価・・・・


今日はニュースネタから。 

最も賞賛される経営者:首位はゲイツ氏

PR会社の米バーソン・マーステラ社などは、「世界で最も賞賛される経営者2005年版」を発表した。65ヵ国の経済人に対するアンケートの結果で、1位は米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長、2位は米アップルコンピュータ社のスティーブ・ジョブズCEOが選ばれた。


 PR会社の米バーソン・マーステラ社などは14日(米国時間)、「世界で最も賞賛される経営者2005年版」を発表した。65ヵ国の経済人に対するアンケートの結果で、1位は米マイクロソフト社のビル・ゲイツ会長、2位は米アップルコンピュータ社のスティーブ・ジョブズCEOが選ばれた。日本関連では、日産自動車のカルロス・ゴーン社長(仏ルノー社CEO)が7位に食い込んでいる。

 英誌『エコノミスト』の関係会社と共同で、会社経営者など685人に「賞賛される会長またはCEO」を選んでもらった。その結果、3位は著名な投資会社経営者、ウォーレン・バフェット氏となったが、4位は米デル社のマイケル・デル会長。米シスコ・システムズ社と、フィンランドのノキア社の経営トップもランクインし、上位15人のうち6人がハイテク関連となった。

 国別では、米国が1〜4位を独占、計6人が名を連ねる。イギリス勢は5位のヴァージン・グループ社のリチャード・ブランソン会長など4人。インドのソフト開発受託会社、インフォシス・テクノロジーズ社のナラヤナ・ムルティ会長が8位に入った。日本人経営者は入選していない。15位以内に女性はいなかった。


1位と2位がIT業界の先駆者なのを見ても、いかに人類へ貢献したかを物語っていますよね。
夢の持つ、偉大で無限の力をあらためて感じます。


明日もお気楽にいきましょ♪    


Posted by 佐藤ゆみ at 23:38Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年02月13日

カフェでがんを学ぼう♫ IN 西鉄グランドホテル


NPOウィッグリングジャパン主催の【カフェでガンを学ぼう】というイベントに参加しました。
ホテルのケーキセットを頂きながら、ガンの最先端情報を学べます。


抗がん剤の影響で髪が抜けてしまう副作用が出ると、特に女性は精神的なダメージが大きいので、ウィッグレンタルの取組みをしています。
代表の上田あい子さんは元テレビ関係者ということもあって、ウィッグリングジャパンの活動はメディアでもたくさん取り上げられています。

余談ですが、私の母が千葉県で30年 国内生保営業をしてきて今も元気に働いています。
このような活動に少しでも携わっていられるのも、母の姿からの影響が大きいと思います。
保険営業を天職だと言っていた母に少しでも近づきたい、と潜在的に思っているのかもしれません。

天職を邁進している親に育ててもらった幸運を、年々強く感謝できるようになりました。


久留米大の外科医や最先端ワクチン研究の第一人者の先生方ともコラボで、今回は肺がんについて学びました。
最先端医療の現状を知りつつ、健康の有り難さ、当たり前に朝日が拝めるわけじゃないということを痛感できます。


喫煙者の方には申し訳ありませんが、これが喫煙者の肺だそうです・・・真っ黒ですね(-_-;) 少々の喫煙はリラックス効果もあって、精神的にもいいという話もありますが。

私は心をテーマに活動していますが、心と体は一対のものだと最近、とくに感じます。

今後は、心の世界から体と経済的健康にも言及できる組織を創っていきたいと考えています。

次回のカフェでガンを学ぼうは、3月8日(木) 15~16時半
西鉄グランドホテル 1階 レストランにて 参加費 1000円
【ガンワクチンについて】
久留米大の山田先生 講話です。

明日もお気楽にいきましょう♪   


Posted by 佐藤ゆみ at 14:02Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年02月07日

陽明学の林田明大先生 講演会

陽明学をご存じですか? 難しくて分厚い図鑑みたいな本を読まないといけない感じですが、
そうでもない本もあるのです。ゆる系もあったりします。


今回の林田先生は、何でも鑑定団の中島せんせーそっくり! 一番前の席で拝見しましたが、気になって顔ばっかり見ていました(笑)ご本人にお聞きしたら、よく言われるそうです。
『イイ仕事してますね~』って言ってください、とお願いしたけど、笑ってごまかされましたw


なんせ最前列で聴いていましたので、写真が撮りづらくて・・・(笑) 前の白髪の方が林田先生です。え?と思うほど 
ゆる系の語り口で何度も吹き出してしまいました。


またお話しをお聞きしたいです。

陽明学では

・【知行同一】といって思いと行動は1つのもの・・という思想があります。
思いと行動は一緒になることが理想であって、そのために日常生活を律していく必要がある。

日常生活で自分を律していくとなっても、最初は慣れない自転車や車の運転のように ひっちゃかめっちゃか。
しかし、慣れれば思うと勝手に体が動く。
ロクロを回すのと同じ。いい習慣が身につけば、それは癖になる。一度 癖がついてしまうと なかなか抜けない。

その点、朝晩の瞑想はいい習慣かもしれませんよね!(^^)!
【これ、私の勝手な解釈】

その他、私が林田先生のお顔を注視しつつ、聞いていて印象に残った言葉は、

・生死一如 (しょうじいちにょ) 
生きることは死ぬこと。死ぬことは生きること。

生と死はコインの裏表のようなもの。
生だけ欲しい、死だけ欲しいという訳にはいかない。

苦楽も同じ。楽しいことをずっとやっていると苦になる。

逆境では困難克服能力が身につく。
だから有効活用すればよい。逆境は工夫と努力を要求してくれる。
プロの教師なら、ダメ生徒を受け持つことで、工夫と努力を要求されて、その先生はより高い指導スキルを身につけていける。
どの言葉も、私へ輝く光となって浸み込みました。

中道、中庸精神
中庸のさじ加減が難しい。

自覚を深めること = 良知を致す 

自覚がなければ、知っているうちに入らない。

この言葉も心にガツンと響きました。 

しばらく陽明学で自己を深めてみようと思います。


明日もお気楽にいきましょう♪
  


Posted by 佐藤ゆみ at 22:14Comments(1)心にふれる、絆をつくる

2012年02月01日

言葉遣いと運気は関係ありのようです・・・

金運の悪い人の特徴 「チョー」「うざい」など若者言葉使う

「しゃべり方を聞いているだけで、その人が運のいい人か悪い人かがわかります」と語るのは、中華街の一画に店を構える華陽園のNo.1占い師・溟白龍氏だ。

 占い師になる前は銀座の高級クラブのママを務めたり、西麻布でバーを経営した経験もある。水商売も占い師も、人を見るプロ。そして、占い師となった現在は、運気の吉凶だけでなく、人生相談まで踏み込んだ鑑定スタイルをとっている。



「お金をきっちり管理できる人は、自分が発する言葉も管理できています。金運が悪い人の特徴は、まず、むやみに流行り言葉を使うこと。“やっぱ”とか“チョー”“うざい”など、若者言葉を連発する人は、運気が低迷していると見てまず間違いないでしょう」

 そして、運が悪い人は、語尾がはっきりしていないことが多い。また、話す内容も愚痴っぽく、堂々巡りになっているという。

「運をつかむ人は、占い師からのアドバイスを、ちゃんと受け止めて、さらに発展していきます。反対に、何を申し上げても、“でも、だって…”と堂々巡りになる人は、低迷からなかなか抜け出せません」

 つまり、金運に恵まれる人は、年相応のきちんとした言葉遣いで、はきはきとしゃべる。意識して話し方を変えるだけで、運気は好転するというわけだ。

言霊・・というのは思った以上に人生に影響大ですね。


言葉で人を魅了できると人生が豊かになりますよ。

朗読とスピーチ力向上のための【リーダー塾】
2月4日(土) 19~21時 2000円
ホテルクリオコート 4階 
http://satoyumi.yoka-yoka.jp/e794192.html

申込みは佐藤までどうぞ(*^^)v


明日もお気楽にいきましょう♪ 



  


Posted by 佐藤ゆみ at 21:27Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年01月08日

女性の実力は80歳を超えて見えてくるのかも・・

初釜の茶会に出席させてもらいました。
日本の伝統美の奥深さに、心が震えるほど感動しました。




【輪島塗りなのですけれどね、お正月らしいかなと思ってお出ししましたのよ】と先生。今回お手伝いの方がとても手際がよくて、灰がとてもきれいに残りました。見事ですよね。


掛け軸は大宰府の観世音寺の鐘の模様です。魚でしたら魚拓ですけれど、釣鐘でしたら何というのかしら?(笑) という話題で盛り上がりましたface05どなたかご存じでしたら教えていただけませんか?


柳の上部が輪に結ってあり、仲良く輪になるという願いが込められているそうです。掛け軸は裏千家のお家元の書とのこと。空間美にしばらく見入ってしましました。


お孫さんのお嫁さんです。茶道に心得がなくても
【いいの、いいの。やっているうちにね 自然に覚えていくから大丈夫なのよ】
私はこの言葉に、ビビビと電気が走りました。
美しい習慣が心を創ってゆくことを改めて気づきました。

さすが佐賀県知事であったご主人のお接待を担ってこられた女性だなぁと感服しました。
わが身の至らなさ、精神的な未熟さも感じつつも、大いなる懐に抱かれたような安心感に包まれました。
女性としての心得、生き方や在り方を【自然体でいいのよ】という言葉から学ばせてもらいました。

この言葉は、戦争経験のある先生だからこそ私の胸に響きました。究極の経験から発する言葉は重く、そして尊いですね。


明日もお気楽にいきましょう♫
  


Posted by 佐藤ゆみ at 23:48Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2012年01月04日

明けましておめでとうございます

皆さま、新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞ宜しくお願いします。


私は家族とのんびりとした正月を過ごしています。・・・といっても、2日から初売り開始なので、娘と天神へいくハメに・・・(/_;) 初売りに天神へ出るなんて何年ぶりでしょうか?w


と、いうことで。
ランチは中州にある宮崎牛専門店【みやちく】
我が家のお気に入りの店です。
年中無休。お正月から元気をもらいましたicon06


お正月の特別メニューで、新鮮なアワビを注文してみました。ゴリゴリ固いのかと思いきや、歯ごたえがあっても
固すぎず、ほんわか磯の味がしてすっごく美味しい!


アワビさま 調理風景・・・


シェフの素早くて美しい調理風景を観ながら、デザート完成!三角形に見えるのはサンドウィッチ用の薄いパンです。これに焼いた肉を乗せて提供してくれます。鉄板でバターでカリッとするまで焼いてくれます(*^^)v


若干、ほろ酔いの人がいますが(笑) 私の心は完全弛緩♫ 数年ぶりにゆっくり過ごすお正月です。


宮崎牛専門店 みやちく
http://rest.miyachiku.jp/hakata/index.html 

宮崎で痛ましい狂牛病が蔓延した時も、みやちくさんは普段と変わらず、誠実なお仕事をされていました。狂牛病がひと段落した後も風評被害が続きました。その時期に来店した際シェフがわざわざエレベーターが閉まるまで見送ってくれました。長いコック帽を被りながら深々と頭を下げて下さる姿に胸を打たれました。
シェフや社員の方々は酪農家の心痛を察し、さぞや辛かっただろうと思います。
シェフは毎日、牛肉の熟成具合を食べてチェックしています。最高級であっても熟成度には差が出るのだそうです。やはり名店は【心】が違います。
ランチは1000円からの定食がありますので、知らなかった方はぜひお試しくださいね。


明日もお気楽にいきましょう♪   


Posted by 佐藤ゆみ at 22:23Comments(1)心にふれる、絆をつくる

2011年12月28日

瞑想者の娘 東大のオープンキャンパスへ

高1の長女は将来、検事官になるのが夢です。
   ま、それは夢ですからいいとして(笑)
今年の東大オープンキャンパスは12/23、24日に開催。
クリスマス真っ只中にするんかい?!と思わず言ってしまいましたw 

私は次女の吹奏楽部の付添いで東京入りできなかったので、ゆみ母に同行してもらうことにしました。

厳しいけれど、とても慈悲深い母です。この母に育ててもらったから私は縁もゆかりもない九州で今日まで生きてくることができました。
多くの方に支えて頂いて10年瞑想指導を続けてくることができました。
親は生きていてくれるだけでいい・・・大げさじゃなく本当にそう思う今日この頃です。





好きな学問を徹底的に研究したり、視野を広げていくには
大学は素晴らしい教育機関ですね。
パンフレットを読みながら感心します。

一方、3歳年下の妹は・・・今日も勉学に励む気は十分(笑)最近、寝不足だったから、ちょっと休憩です。
妹は絵を描くのが大好き。藝大希望だそうです。



8年瞑想している娘たちが、どれくらい【心の力】を発揮できるか?2年後が楽しみです。
 瞑想者には【できない、やれない、不可能だ】という心のブレーキが少ないと言われています。


経済の専門家は今後、世界は新しい価値観の時代へ突入していくと伝えています。
長女はハーバード大への進学も視野に入れ、より国際貢献のできる人材へ成長してくれると思います。

世のために成長しなさい。これが母の教えです。 


明日もお気楽にいきましょう♪  


Posted by 佐藤ゆみ at 16:09Comments(1)心にふれる、絆をつくる

2011年12月27日

瞑想者 中州の伝説の店 まめ丹へ

最近、飲み会ネタばっかりな気が・・・w 今は春吉に移転していますが、中州で伝説のお店【まめ丹】に連れて行ってもらいました。


名物お母さんは、90歳近いお歳ですが、さすがプロだなぁ~と感心する生き方に脱帽でした。心が一流です。来福された俳優や女優さんが、必ず立ち寄っていくお店なのも納得。


笑顔が本当に可愛らしいお母さん。お店の玄関を入ると
『お帰りなさい』と出迎えてくれます。無条件でホッとします。 


今夜は天神にオフィスがあるNPO団体ウィックリングジャパンさんの忘年会にお邪魔しました。 スタッフの皆さん、底抜けに明るくて大好きです。


お料理は和洋折衷で、ほんと~に美味しかったです。
これぞ母の味!


宇野重吉さんも、足しげく通ったお店です。お母さんの人柄の賜物ですね。


ウィッグリングジャパンでは、ガン患者さんが安心して治療を受けていけるよう、ウィッグ(かつら)を格安でレンタルしています。久留米大学や様々な医療機関を連携を取りながら、患者さんへの心と物質面のサポートをしています。

来年は東京でも活動を開始する予定だそうです。
東京は福岡の人口の10倍はいますので、もっとウィッグサポートが必要な方は大勢いると思います。

私は心をテーマに活動していますので、代表の上田あい子さんの志の高さに感動します。
何かお手伝いできることがあれば、させてもらいたいと思っています。
やはり純粋な心は人を動かしますね。


いろんなイベントを開催していますのでHPでご確認くださいね。
http://www.wig-ring.info/

明日もお気楽に行きましょう♫  


Posted by 佐藤ゆみ at 00:27Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2011年12月24日

瞑想者 中州のプチほおずきへ・・・

中州のリバーサイドにある《プチほおずき》というお店へ行ってきました。


今夜はダルマ食品、島本食品、能古島農園、プチほおずきさんが総力を挙げて美味しい手料理ずくしでもてなして下さいました。
写真手前にイカは、参加者の方が釣ってきて下さったそうですよ。もう感謝しかないです(^_^)/ 甘くて美味しかった~


これは焼きとうもろこしの焼酎だそうです。 飲んでみると・・・ほんとだ!味がします。イケますね。
実はこの日の2日前に飲みすぎて・・・・翌日頭痛で大変な事になっていたので(笑) とても美味しい、大好物のシャンパンもガッツリあったのに、大人しくチビチビ飲んでいた私でした。


この日はスポンサーさんが超太っ腹で、大量に景品を出してくださっていました。簡単なじゃんけんに勝利し、なんと私は能古島の牡蠣を、こんなに頂きました!びっくりするくらい美味しいかったです。

人と人とが楽しい時間を共有できるというのは、本当に幸せですね。
これからも、どこにいても私は心をつないでいける自分でありたいと思います。
私は主婦でもありますので、多少の制限はあるもののw 
人の集いが大好きなので誘ってくださいねicon06

プチほおずき中州 ピアノのあるお店
http://homepage2.nifty.com/hozuki/


明日もお気楽にいきましょう♪   


Posted by 佐藤ゆみ at 16:02Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2011年12月11日

瞑想者 九州いろり塾へ!

皆さん、九州いろり塾をご存じですか? うまく説明できませんけれど(笑)九州経済産業局の方が主催されている糸島古民家での自然体験会という感じです。


【いろり】も【かまど】も竹内局長や有志の方、参加者の手作りというのですから驚きです!ちなみに、竹内局長は鹿児島 ヨロン島出身だそうで、こよなく故郷を愛しておられます。
私はこの日は帰宅しなくていいので調子に乗りすぎまして、〇〇さんの薦める大吟醸を飲み過ぎて、夜8時にはダウン寸前となりましたw


手作り【いろり】では、さっき釣ってきたお魚も この通り。
絵に描いたような姿に変身~icon06
男性の方たち、お料理して下さいました。今日は天国です♪


お料理してもらって、出来上がるのを待っている私・・・
にひひ(*^^)v 


これが噂の、五右衛門風呂です(笑) 今日はあまりにも寒くてお風呂はナシでした。ホッ。


今回は曇っていましたが、眺めは最高!

毎月第2土日 開催  参加費 2000円
一家で参加でも 一人参加でも同額!

参加条件は、幸せは倍に、悲しみは半分にできる人。。。

素敵な言葉ですね。 7年も続くのも分かります。

この、心ありきです。

九州いろり塾 
http://irorijuku.yoka-yoka.jp/ 


明日もお気楽にいきましょう♪  


Posted by 佐藤ゆみ at 22:35Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2011年12月05日

瞑想者 ウィッグリング・ジャパンへ


今日はNPO法人ウィッグリング・ジャパンの天神事務局でお手伝いをさせてもらいました。

活動の詳細は下記をどうぞ。
http://www.wig-ring.info/wigringjapan 


 写真向こうでウィッグの試着をされています。
当たり前に過ごしている毎日、当たり前の健康、当たり前に思っている家族、今日は そういう平凡の有り難さが身にしみました。
何名かの患者さんとお話しをさせて頂きましたが、病を患った経験から出る含蓄ある言葉は、私の胸にズシリときました。


 ウィッグリング・ジャパンは抗がん剤治療によって髪を失った女性へウィッグ(かつら)のレンタルを行っています。全国から寄せらせた元患者さんのウィッグを、今まさにガンと闘う女性たちへと再提供を行っています。 
この箱に入っているのは、ウィッグを提供してくれた方々からもお手紙です。

読ませてもらいましたが、どの手紙も熱い人間の心を感じました。

母が使っていましたが、残念ながら他界しましたので、どうぞ必要な方へお役立て頂ければと思います・・・

自分の夢、仲間の夢に実現に尽力しよう!出し惜しむことなく、今この瞬間を生きよう。そう思いました

ここはウィッグ試着を待つ方の待ち合いスペース兼 カフェになっています。 陽だまりが温かくてホッとします。

私はまだ病に伏した経験はありませんが、大病された方が今、元気にボランティアをされている姿を見て勇気をもらいました。

病に伏した方は、人生すべてが変わったとおっしゃっていました。今、この瞬間が最高に幸福に感じられると。
時間の大切さを改めて知った気がしました。 毎月、少しでもお手伝いに伺いたいと思っています。


明日もお気楽にいきましょう♫  


Posted by 佐藤ゆみ at 22:43Comments(0)心にふれる、絆をつくる

2011年12月02日

瞑想者 木花木花(モッカモッカ)へ

木今日は人脈交流会【大志会】でご一緒している副島真澄さんと佐藤順子・博子さん(双子です)のお店へ伺いました。


毎月行われている大志会は今年11年目。 いつも私たち3人は仲良く出席させてもらっています♫ 


木花木花(モッカモッカ)店内。 順子さん・博子さん姉妹のセンスの良さに、思わずため息がでそう・・・ヽ(^o^)丿 


 作品のすべてに、繊細な『美』を追求しているのだそうです。お花のことを『この子が、(フラワーアレンジ中で)このスペースに入って咲きたい言ってるのよね』とか、飾りのリボンの左右の長さの微細な調整など、一般人ではほとんど気にならない『均整』に神経を研ぎ澄ませます。

私は心をテーマに活動していますので、こういう細やかな心と、お花に対する思いやりに触れると感動します。


お二人の作るアレンジは、生花ではなく【グレースフラワー】というもので、空気清浄の効果があり、どの花にも埃がついていないので驚きました。枯れないお花のプリザーブドフラワーも取り扱っています。


私は、こういうグリーンが基調のアレンジが気に入りましたface02 


きれいな空気の中で、美味しいコーヒーを頂き心は大満足! 幸せなひと時でした。 

そういう心でお花に接しているから、こんなに美しいアレンジとお店になるんですね。
やはり、心ありき。

オンリーワンの贈り物をされたい方、ぜひ来店してみてくださいね。


木花木花(モッカモッカ) http://the9mall.com/modules/mcmc/


明日もお気楽にいきましょう♪
  


Posted by 佐藤ゆみ at 22:27Comments(1)心にふれる、絆をつくる